にんにく注射の効果と副作用について

175846

仕事などで疲れたときにおすすめなのがにんにく注射です。
にんにく注射といっても主な成分はビタミンB1などのビタミン類なので、すりつぶしたにんにくが入っているわけではありません。

入っている成分は病院によって違っていますが、主成分はビタミンB1で少しずつ調合が変えてあります。
注射を打ったときの持続期間は個人差がありますが、一般的には3日前後で効き目が長い人だと1週間ぐらい持ちます。

定期的に打つときには自分の身体の特徴を確認してから、3日から1週間おきに打つとよいです。

にんにく注射の主な効果は、即効性の疲労回復や肌荒れやにきびなどの改善、肩こりや冷え症の改善に二日酔いの回復などがあります。

主な成分はビタミン類なので食事やサプリメントなどで摂取出来ますが、腸からの吸収だと体調に左右されたり、疲れているときだと内臓機能も低下しているので吸収がされにくいです。

注射だとたくさんの量を確実に素早く吸収できるので、効果も高くなります。
副作用も主成分はビタミンなので摂取しすぎても体外に排出されるためありません。

排出されるので体内に長い期間は蓄積出来ないので、定期的に取り入れることが大切です。
副作用とまで言えませんが、注射のあとは少しにんにくの臭いがします。

これはビタミンB1がにんにくの臭いの元になっている成分なためで、ビタミンB1はにんにくの独特の臭いがします。
臭いは直ぐに消えますし、息が食事のようににんにく臭くなることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA