タウリンで肝臓を健康に

タウリンとはどういったものなのか

タウリンとはアミノ酸のことで、人間の健康に必要な栄養素です。タウリンは魚や貝などに多く含まれています。この栄養素は、体の不調を改善する働きがあります。例えば、血圧が高い場合は、血圧を下げる働きがあります。また肝臓の働きが弱っているときは、それを活発にします。タウリンは特に肝臓の働きを助ける栄養素です。肝臓の胆汁酸の分泌を増やします。胆汁酸の分泌が多くなると、コレステロールが体外に排出されます。その排出によって、血液中のコレステロールの量も少なくなります。アルコールを多めに取ると、肝臓に負担がかかります。肝臓の中でアセトアルデヒドに分解され、さらに酵素に分解されていきます。このプロセスが肝臓の負担になるのですが、この栄養素があると酵素による分解を助けてくれます。それによって、肝臓に対する負担が小さくなります。
タウリンには、脂肪肝を良くする働きもあります。脂肪肝は肝臓に脂肪が溜まった状態です。食べ過ぎやアルコールの取り過ぎによって、脂肪肝は起こります。この栄養素が肝臓の中に入ると、脂肪を取り除いてくれます。いったん肝臓に溜まった脂肪を取り除くのは簡単ではないのですが、この栄養素にはそれを可能にする力があります。

タウリンには副作用があるの

タウリンは肝臓の働きを助け、肝細胞の再生を促進します。また肝脂肪の予防やインスリンの分泌促進で糖尿病予防にもなります。魚介類やイカ、タコの食品に多く含まれています。疲労回復や血圧を正常に保ち、血中のコレステロール値を下げてくれます。健康に過ごすためには必要な栄養素です。基本的には、純粋なタウリンそのものには、ほとんど副作用はないです。取りすぎた分は、排泄されるからです。しかし、ドリンク剤やサプリなどの化学合成の物にごく稀に吐き気や下痢などの症状が出ることもあります。体質によるものとの関係で引き起こされることも考えられます。また、あまりに過剰に取りすぎると、胃酸を過剰に分泌させるので、胃酸過多や胃壁に潰瘍ができるリスクもあります。この予防には、空腹時にこれらを単体で摂取しないことです。あと、栄養ドリンクを飲む時も糖分やカフェインが含まれているので、やはり飲みすぎはよくありません。牡蠣などにも多く含まれていますが、生ガキなどは食べ過ぎると食中毒を起こす危険もありますから程々にしましょう。どの場合も、他の成分がどのくらい含まれているか見極め、1日の摂取量を守れば効果的にタウリンを摂取できて健康につながります。

タウリンが多く含まれる食品(食べ物)は

タウリンは、体重の約0.1%相当の量が心臓や肺、肝臓、脳などあらゆる臓器や組織に存在しており、真タコやヤリイカ、カツオ鰤などの魚類、サザエやホタテ、カキ、シジミなどの貝類などの食品に多く含まれ、特に水溶性なので煮るとしみ出してしまうので効率良く摂取するならば、煮汁まで飲む方が良いとされています。
この栄養素は、システインジオキシゲナーゼの効果によりたんぱく質の構成する含硫アミノ酸であるシステインから合成されるシステイン酸を更にシステインスルフィン酸デカルボキシラーゼによって脱炭素化され合成されます。その為、この栄養素の形で摂取出来なくても、タンパク質をしっかりと摂取すれば問題無いとされています。
この栄養素には、胆汁酸の分泌を促進する作用があり、血中コレステロール値を下げる効果があります。又、血糖値コントロールに欠かせないインスリンの分泌を促進効果があり、2つの効果で糖尿病の予防に有効だとされています。
タウリンは、血管を収縮させて血圧を上昇させる作用のあるノルアドレナリンの分泌を抑制する事により、血管を正常な状態に戻し血圧も正常に戻す効果があり、高血圧の改善には有効であると言われています。
タウリンは、一般的に栄養剤のイメージがありますが、健康に必要な根本的な機能を整える効果があるので常日頃から摂取したい栄養素です。

タウリンと肝臓(肝脂肪)の関係

タウリンと言えば、疲労回復に効くということで栄養ドリンクなどのテレビコマーシャルでお馴染みでしたが、最近では肝臓にも良いということで注目されるようになっています。もともとはタンパク質を作っているアミノ酸の一種で体内で生成していますが、身体を健康に保つには充分な量ではないため、食べ物などから摂取することで補っています。
肝臓に良いと注目されているのは、まず、肝汁酸を増やすことでコレステロールの分泌を促進し、血液中のコレステロール値を下げる働きがあります。また、肝細胞が弱っていると速やかに再生を促し正常な状態へと戻します。さらに、生活習慣病の要因とも考えられる肝臓にたまった中性脂肪を体外に排出する働きがあり肝脂肪を改善が期待できます。
通常の生活の食事で摂取できるタウリンは、100~300mgと言われていますが、1日に必要な摂取量は500mgが目標となります。目安としては、牡蠣なら3~4個、タコやイカなら90~100g、ホタテなら3個程度となります。もちろん、食べ物からタウリンを摂取するだけではなく、同時並行で適度な運動を継続することで身体を鍛えていけば、より一層の効果が期待できることとなります。

タウリンに期待する効果は

タウリンは主に牡蠣に多く含まれているといわれていますが、最近ではサプリメントもあるので、上手に取り入れることによって、色々な効果を期待することができます。そこで、タウリンを摂取することで得ることができる効果としては、代表的なものとしては、肝機能を高めるという点が挙げられます。なぜ、肝機能を高めることができるのかというと、胆汁酸という物質の分泌を促進する働きがあるからであると考えられます。胆汁酸は通常肝臓から分泌されますが、肝機能が弱っているときは胆汁酸が不足することがあります。このような状態になるとコレステロールの値が高くなってしまって、肝臓に負担がかかるようになります。しかし、タウリンを摂取すれば、胆汁酸が過不足なく分泌されるようになるので、コレステロールの値も正常になり、肝機能を高めることができるようになります。また、肝臓の細胞の再生を助けるという働きもありますから、肝臓の細胞にもよいということがいえます。他にも高血圧の改善も期待できるといわれています。理由としては、高血圧の原因の一つである交感神経に働きかけることができるので、血圧が安定しやすくなります。また、ストレスによる高血圧についても効果を期待することができると考えられています。

タウリンサプリメント

タウリンと言えば牡蠣に豊富に含まれていますがそんなに多く食べられるものではありません。
そこでタウリンを効率よく摂取することを考えるとサプリメントなどが良いのではないでしょうか。
タウリンのサプリメントもいろいろ出ているので比較して見て見ると良いと思います。
そこでこちらがレビューなどの体験談もあり参考になると思います。
タウリンサプリはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA